まず、すいません…。blogを途中まで書いて下書き保存しようとしたら、中途半端なままUPしてしまいましたので、削除しました。

今回ばかりは中途半端ではいかんのです

そう遂にこの季節がきたのです!ヤツが現れたのです




では本編へ(笑)




5月28日、天気は曇り、ガスかかってます。室蘭の夏らしい天気でございます。風はほぼ無風、現地には4時頃到着です!


今日は投げ釣りの人達が多いです。まだ、ヤツの活性は本格化してないのか…。

ポイントに向かい歩いていると、カリスマヒラメハンター、タツさん発見


ヒラメ師匠タツさんが、居るということは、ヤツはいる…。しかも、お仲間の方の足元には、もうすでに



テンションスーパーUP状態で開始です!



今回はカナヤと一緒。自分は車を車検に出していて、足がないのですが、どーしてもヤツを釣りたく、カナヤを誘い、しかも迎えにきてねと一方的に誘いました。


カナヤとオーシマは前日に職場で自分の悪口を言ってたみたいなんて自己チューな男だ!と(笑)


カナヤは今日が初ヒラメ狙い。ブーブー言ってた割にはノリノリでキャストしている。


ヒラメ用に購入した、アブガルシアソルティステージシーバス10f+ソロンで軽快に飛ばしている。


自分も今年はヒラメ用にレアニウムCI4を購入したので、負けられない。タモも新しく、いい物買ったしね

レアニウムは軽い!やりやすい

しかも、去年にヒラメ師匠のタツさんとキャス練したかいがあり、トラブルなし、飛距離+方向性が格段にレベルUPしてると思う



さて、さて、いつもの通り反応ないまま1時間くらい投げ続けます。水面には、たくさんのイワシみたいな小魚がライズしてます。

それを見たカナヤはパワーシャド4の115に変更するとのこと。

自分は快調に投げてたところ、PE本体にトラブル発生。(結局、トラブルってる)予備で持ってきてたフリームスKIXと取り替えに車に戻ります。


こんな感じにリールを変えたりするとヤツ釣れちゃたりするんじゃないかと、期待してリールをセットしていると……。










「…………ヤ、ヤ、ヤスさん。」


と、蚊でも鳴いたような声でカナヤに呼ばれ振り返ると。





アブガルシアが激曲がりしてるじゃないの


「ぐぉぉ~、重てぇ~」


と、まさかのカナヤが戦闘開始です!投げ釣り親父達の視線が一気にきてます!

大注目です!



ドラグもガッチリきつめにしてたらしいんですが、ジィー、ジぃー、と凄い突っ込まれています(笑)


自分はおNewのタモをスタンバイし、「慌てるなよ!巻ける時に巻けよ!水面にでたらもう一回潜るぞ!」
と大慌てです(笑)



やっと、水面に浮いてきました。


…デカイ



更に興奮!なぜかタモ役の自分の足はガックガク奮えています!

ランディングもタモが新しいので思ったよりもサキッチョが柔らかく3回くらい失敗し、更に焦りましたが、なんとか無事キャッチ


現れたのは紛れも無くヤツです!


そう、ヒラメです!





1m級か?(笑)いえ、駆け付けてくれたタツ師匠が魚をデカく見えるようにポーズを作ってもらいました

サイズは58cmのデカヒラメです!


ドヤ顔1。






ドヤ顔2。





ドヤ顔3。





ムカつくくらい笑顔を作りません。

「なんだか笑顔を作ったら普通じゃないですかー。」


と最後にニコリ




とにかくおめでとう!カナヤはやっぱり持ってる男だわ まさか、デビュー戦でヒラメ釣ってしまうとは。

その後の海はやはり静かなものでした。

でも、遂に開幕しましたね!カナヤもヒラメハンターになってしまったか!(この時期、仲間うちでヒラメを釣った人はヒラメハンターと呼ばれます)


これからの時期、ヒラメで混んでくるでしょう。


毎年ですが、ゴミの量が増えてしまいます。自分で出したゴミは持ち帰り、綺麗な釣り場で次も気持ちよく、釣りしましょう♪

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ ランキング参加中 ←クリックお願いします。
スポンサーサイト
メンバー
ゴッさん
20120611160031749.jpg
~ ロッド ~
ABU SRS-762M-MGS
ABU NNRC-722EXH MGS
~ リール ~
ABU Revo ELITE IB HS
ABU Revo ELITE 8
DAIWA 12LUVIASU 2506h
潮見表
北海道-室蘭
提供:釣り情報フィッシングラボ
訪 問 者
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ