13日、仕事が夕マズメに終わり、18時頃からヒラメ狙いに行きました。20時には帰宅しなければいけなかったから、2時間だけ頑張ります。

やはり、平日の夕方は混んでます ヒラメ常連の方々が仲間でやっているので、一人ぼっちは、居心地悪い

結局、当たりもないし周りのヒラメハンターも釣れてる様子がないので、帰宅です。帰り際、ヒラメ師匠こと、タツさんを発見

なんと、タツさん。この激混みプレッシャーの中で1枚Getしたとのこと。流石でございます


話は変わり、ヒラメ釣りでの最近の悩みは、フルキャストの時の「ベール返し病」 皆さんは経験ありませんか?フルキャスト~、バタンブチっピューンのあれです。

どーも、たまぁに起きてしまいます。 これをやってしまうとテンション下がるし、シンカー、フック、ビーズ、ワームの4点セットが一瞬で消えますからね
夜に相談してみようと、タツさんにメールすると、「近いうちに一緒にやりませんか?メールでは説明しずらいので。」と嬉しいお誘い♪

明日なんてどうですか?と駄目元聞いてみると、OKでました


そして、本日の朝3時、再会です。たいして寝てません(笑) 暗いなか始めますが、ヒラメは釣れません。明るくなり、タツさんからキャストのアドバイスを受けます。


なんと、衝撃な事実が



今更ですが、そもそもの自分の投げ方、全然違いました(笑)

飛距離が出る出ないではなく、右手の使い方が違いました(笑)

なんせ、小学生くらいで初めて釣りに連れてってもらい、その頃から投げる時はこんな投げ方してましたから。ようするに野球で言うシュートの変化球の手首でストレートを投げるみたいな事です 慣れてたので、このキャストでも不思議と真っすぐ飛ばせてました

でも、だからベールがパタンと倒れてしまう、って事です。

タツ先生に正しいキャストを学び、投げてみると、気持ちいいくらい、綺麗に真っすぐ飛んでいきます

投げるのにストレスを全く感じない 当然ベール返しも発生しない


ここからは、ひたすらキャスト練習です。ヒラメ激熱時間ですが、無視してキャスト練習です

タツさんに再度フォームをみてもらい、合格できました タツさん、大変お世話になりました


……で、肝心のヒラメですが、何も起きずに終了です(笑)

ヒラメマスターのタツさんでも、当たりを引く事ができなかったみたいです。 タツさんの知り合いのヒラメハンターさん達もノーバイト 今日は駄目でしたねみなさんお疲れ様でした。

でも、自分にとっては何よりの収穫となりました!

blogを書いてますが、自分はド素人の釣り好きです。
釣り方、誘い方など、書いたこともありますが、あくまで素人の自己満足です。あまり参考にならないと思いますよ(笑)

ショートロッドの限界も感じました。タツさんやヒラメハンターさんとの飛距離ですが、「倍」は違います 腕の差も当然ありますが、ロッドの違いも、やっぱあるかな

まだ、ヒラメシーズンは終わりません。安いロングロッドの情報もタツさんに教えて貰ったから、なんとか1本欲しいです。

物欲は止まることありませんね

今日は、なにより勉強になった釣りでした!まさに「朝練」でした! (笑)

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ ランキング参加中 ←クリックお願いします。

スポンサーサイト
メンバー
ゴッさん
20120611160031749.jpg
~ ロッド ~
ABU SRS-762M-MGS
ABU NNRC-722EXH MGS
~ リール ~
ABU Revo ELITE IB HS
ABU Revo ELITE 8
DAIWA 12LUVIASU 2506h
潮見表
北海道-室蘭
提供:釣り情報フィッシングラボ
訪 問 者
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ